株ってなに?儲かるの?初心者のための株のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

よくメディアで、あるいは日常会話のなかで「株」という言葉を耳にします。しかし、そもそも株とは何なのでしょうか。株を持つことがどういうことなのか、持つとどういうことがあるのか、よく知らない方が実は多いのではないでしょうか。そこで今回は「株」そのものについて解説していきます。

株初心者におすすめのネット証券3社はここだ!

SBI証券:個人投資家売買シェアNo.1
>>国内株式手数料全額キャッシュバックキャンペーン中!!SBI証券の口座開設(無料)
>>SBI証券の詳細解説を見る

楽天証券:楽天会員のメリット満載
>>日経テレコン(楽天版)を無料で使える!楽天証券の口座開設(無料)
>>楽天証券の詳細解説を見る

マネックス証券:長期投資家の味方
>>マネックス証券の口座開設(無料)
>>マネックス証券の詳細解説を見る

1 株とは?

1.1 「株」とは何か。「株」を持つということの意味

株とは正式には「株式」といいます。株式は、会社が事業活動のための資金調達を目的に発行する証書です。投資家は、企業に事業活動資金を「出資する」代わりに株式を受け取ります。株式を持つということは、会社の所有者(オーナー)となる権利を手にすることを意味します。そして、株式を持つ人のことを「株主」と言います。

1.2 株主の権利と責任

株式の発行は、企業が資金を集める手段の一つです。出資者は、株式の所有権を得て株主になることで、様々な権利を得ます。たとえば、出資したお金を使って企業が儲け、その利益の一部を「配当」として還元してもらうことは、株主としての権利の一つです。また、株主総会にオーナーとして参加して発言したり、経営者を選んだりする権利も得ます。

一方、株主は会社に出資した金額までの責任も負います。簡単に言えば仮に会社が倒産した場合、出資したお金は返ってきません。しかし、会社の抱えた借金などにまで責任を負う必要はない、ということです。

1.3 なぜ売買されるのか、株価決定のプロセスとは

企業は、事業活動資金を株式の発行のほか、銀行からの借り入れなどで賄っています。では、大量の資金を必要とする場合を考えてみましょう。銀行からの借り入れにも限界がありますし、投資家一人ひとりに頼んで出資してもらうのも大変です。不特定多数の投資家からお金を集められれば効率的ですよね。そこで、たくさんの投資家に会社のビジョンや事業の方針を説明し、出資してもらう場を求めて、企業は「上場」をめざすことになります。

上場すると、自社の株式が証券取引所で取引、つまり売買されるようになります。証券取引所には「株を買いたい投資家」「株を売りたい投資家」が集まり、市場が作られています。たとえば「東証一部」「マザーズ」などはそうした市場です。自社株をこれらの市場に上場させている企業のことを「上場企業」と言います。一般の投資家が買うことができるのは、こうした上場企業の株です。

では、市場で売買される価格、すなわち株価はどのようにして決まるのでしょうか。株は、売りたい人と買いたい人の金額の要件が一致すると売買が成立します。買いたい人が多ければ「多少高くてもこの株が欲しい」という人が増えて株価は上がり、売りたい人が増えれば「多少安くてもいいから売ってしまいたい」人が増えるので株価は下がります。こうした動きに影響を及ぼす要因の一つが「業績」です。企業の業績が悪化するなどして、利益が期待できなくなると、その会社の株を持つことの魅力が薄まるので、株を売りたい人が増え、株価が下がります。逆に業績の良い企業の株は魅力が高まり、欲しがる人が増えるので、株価が上がっていきます。

そのほか、経済環境、新製品(撤退)、生産拡大(縮小)、増配(減配)なども株価を動かす要因となります。

2 株式投資のメリットは?

株式投資は銀行預金などと異なり、積極的にお金を増やすための行動です。大きなメリットは「お金を増やしたい」という人が、自分で探し、自分で判断して選んだ銘柄で、お金を増やすチャンスを得られる点です。

2.1 売買、配当金、株主優待で儲ける!

では、どういう行動が「株で儲ける」ことになるのでしょうか。ここでは3つの基本的な儲け方を見ていきます。

参考:株式投資のメリットはお金を増やす3つのチャンスを手に入れること

2.1.1 売買で儲ける(キャピタルゲイン)

もし出資した企業の事業が見込み通り成功すれば、その企業の株が欲しい、という人が増えるはずです。すると、その株式の価値が高まる、つまり株価が上がると予測できますね。株価が買った時よりも高い時に売ると、差額を儲けとして手に入れることができます。これをキャピタルゲインと呼びます。安い時に買い、高い時に売ることが株式売買で儲けるための基本動作といえるでしょう。

2.1.2 配当金で儲ける(インカムゲイン)

株式会社は事業活動で得た儲けを出資者、すなわち株主に還元します。利益は、株主が持っている株式数に比例して「配当金」として分配されます。これがインカムゲインです。配当金は「1株あたりXX円」というように、1株に対していくら出すかが決められます。配当金は会社によって異なりますが、株価に占める1株当たりの配当金の割合(配当利回り)が5%に達するものもあります。日本経済新聞社が提供しているマーケット情報を見てみると、2016年8月現在、上場企業の配当利回りはおおよそ1%~2%といったところです。銀行の預金金利と比べるとはるかに高いものが多いといえるでしょう。

参考:
株の配当金徹底解説:いつもらえる?税金は?お得銘柄は?
【高配当銘柄ランキング掲載】よくわかる配当利回りの仕組み

2.1.3 株主優待で儲ける

さらに忘れてはいけないのが株主優待です。株主優待制度を導入している企業は、2010年以降増え続けています。日経新聞の報道によれば、今や導入企業は全上場企業の4割に迫る勢いです。優待内容は会社ごとに異なりますが、その会社の製品や商品券・割引券のほか、お米や食品などのこともあるようです。権利が確定する日に一定以上の株を保有していなければならないといった、制約はあるものの、個人で株投資をする人にとっては非常にお得な制度です。

参考:
株主優待とは?配当との違いって?【検索人気ランキング掲載】
大人気、イオン(8267)の株主優待!1万円の買い物が2割近くの割引に?
吉野家ホールディングス(9861)の株主優待は優待券が年間6,000円分!

2.2 リスクは大丈夫?

株が持つリスクは大きく分けて以下の3つです。①値下がりするリスク(株価が買った時よりも下がることで元本割れする可能性があります) ②倒産のリスク(会社が倒産すると株の価値はなくなってしまいます) ③流動性によるリスク(①に関連しますが、株の取引は売りたい人と買いたい人の両方がいて成り立ちます。そのため、売りたい時に買い手がいないと、すぐに売ってお金に換えることができません)

最悪のケースは企業の倒産です。株式が紙くず同然になってしまう可能性があります。しかし、先にも述べたとおり、株主は出資した金額以上の責任を負いません。つまり、10万円の投資であれば、仮に倒産して株価が0円になったとしても、損失は10万円以上にはなりません。また、仮に株価が大きく下がったとしても、売却しなければ損は確定(現実化)しません。

大損になるのは、えてして「信用取引」という取引で失敗したケースです。ただし、信用取引は、かなりの上級者向けで、株式投資の初心者が不用意に手を出すものではありません。そういう意味でも、通常の株式売買をしている限り、リスクは限定的といえるでしょう。

参考:株を始める前に知っておきたいリスクの本質と、3つのリスク軽減手法

2.3 良い株、悪い株の見分け方ってあるの?

株式投資を始めるとき、誰もが「損をしたらどうしよう」と考えるものです。もちろん、損をするとわかっている株には手を出したくないですよね。では「良い株」と「悪い株」を見分ける方法はあるのでしょうか。たとえば、業績の良い会社が「良い株」で業績の悪い会社が「悪い株」と言えるのでしょうか。結論から言うと、必ずしもそうとは言い切れません。市場がその業績を予測しており、株価に反映されて(織り込まれて)いると、その時点以上には上がらない(下がらない)場合もあるからです。逆に、まだまだ伸びそうだと思った銘柄の株価がどんどん下がっていったり、逆にまだまだ不振と思われた企業の株価が徐々に上がっていったりもします。

「良い株」「悪い株」を自分自身で判断できるように、実際に投資しながら少しずつ分析手法を勉強していくのが株式投資に慣れる近道です。ここでは2つの分析手法と、投資の神様・ウォーレン・バフェットの手法に基づいて日本企業を分析した結果についてご紹介します。

2.3.1 ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、成長性、財務健全性、競争優位や市場などを分析することです。経営成績や財務状態を元に将来どれだけの利益を企業が生み出すか分析する、ということです。

また、企業分析と同時に重要になってくることは、その企業に限らず業界の成長性も考慮にいれることです。業界の成長性に関しては、よく聞かれるようになった外国人観光客の「爆買い」を例に見てみましょう。訪日観光客の増加により、ホテル、鉄道、小売りなどの業界の各社業績に大きく寄与しました。そうした銘柄は株式市場でも「インバウンド銘柄」として、その動向が注目されるようになっています。このようにファンダメンタルズ分析は経済そのものをややマクロな視点で見る手法です。

2.3.2 テクニカル分析

テクニカル分析は過去の株価や出来高等の株式そのものの取引実績からパターンを予想しようとする手法です。テクニカル分析は投資のタイミングを計ろうとする投資家にとってはとても興味のある分析手法です。

参考:
すっきり分かる株価の見方。株価情報を駆使して、株価の「価値」を見極めよう
株価チャートの見方入門。株初心者でもわかる徹底図解

2.3.3 ウォーレン・バフェットの投資手法を学ぶ

ウォーレン・バフェットは、米国の保険会社バークシャー・ハサウェイの経営者で、「投資の神様」とも呼ばれる世界で最も有名な投資家の一人です。多くの投資家がそのノウハウを研究しながら日々投資をしているといっても過言ではありません。

バフェットはその投資ルールを惜しみもなく公開しています。バークシャー・ハサウェイのアニュアルレポートに書かれているバフェットの投資のルールは以下の6つです。

1. 税引き前利益が75百万ドル(1ドル=120円換算で90億円)以上の企業
2. 継続的に利益を生み出している企業
3. 従業員数が少ないかもしくは借金が少なく、ROEが高い企業
4. (有能な)経営者がいること
5. 単純な事業
6. 適切な)値段

実はこのルールのうち、公開された決算や財務情報から判断が可能な1、2、3の要件を日本を代表する銘柄にあてはめて株価パフォーマンスを見てみると、株価が数倍になるという高いパフォーマンスを示していることがわかるのです。

このノウハウと詳細は「ウォーレン・バフェットが日本株を買っていたらどの銘柄か」で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

参考:英国ショックの株価暴落後に優良銘柄を手数料最安値で買う方法

3 株はどうやって買うの?~今はネット証券がおすすめ~

3.1 株の売買は証券会社を通して行う

株は株式市場において、証券会社を仲介して売買されます。証券会社は株の売り手と買い手の間に入り、証券取引所で売買を行います。つまり、私たちが株を買ったり、売ったりするためには、必ず証券会社を通さなくてはならないのです。必然的に、株式投資を始めるための第1ステップは「証券会社に証券口座を開設すること」になります。

3.2 ネット証券での口座開設がおすすめな理由

では、どのように証券会社を選び、証券口座を開けばいいのでしょうか。「わざわざ証券口座をつくるのに証券会社に出向くのも面倒だな」とか「あれこれ勧誘されるんじゃないの?」とか、少し億劫に感じるかもしれません。

そうした方におすすめなのが、ネット証券会社です。各証券会社によって手数料・口座開設料、取扱商品やサービスに違いがありますが、ネット証券は手数料・口座開設料が格安で、さらにインターネットから申し込めるため直接店舗に行く必要がありません。

はじめて口座を開設するなら、誰もが実力と信頼感・安心感を兼ね備えた証券会社で、と思うでしょう。下表は主要なネット証券10社について、5つの項目の実力をランキング形式でまとめたものです。総合力ではSBI証券楽天証券マネックス証券が強く、ライブスター証券GMOクリック証券は、手数料の安さに強みがあることが分かります。

口座数 日本株手数料 投信取扱本数 IPO取扱件数 米国株手数料
SBI証券 kabu1_ranking_01.png 100x62xkabu1_ranking_04 kabu1_ranking_01.png kabu1_ranking_01.png kabu1_ranking_01.png
楽天証券 100x62xkabu1_ranking_02 100x62xkabu1_ranking_04 100x62xkabu1_ranking_02 100x62xkabu1_ranking_02
マネックス証券 100x62xkabu1_ranking_03 100x62xkabu1_ranking_04 100x62xkabu1_ranking_03 kabu1_ranking_01.png
松井証券 100x62xkabu1_ranking_04 100x62xkabu1_ranking_05
カブドットコム証券 100x62xkabu1_ranking_04 100x62xkabu1_ranking_03 100x62xkabu1_ranking_03 100x62xkabu1_ranking_04
GMOクリック証券 100x62xkabu1_ranking_06 kabu1_ranking_02.png
SMBC日興証券 100x62xkabu1_ranking_05 100x62xkabu1_ranking_02
岡三オンライン証券 100x62xkabu1_ranking_06 100x62xkabu1_ranking_06
フィデリティ証券 100x62xkabu1_ranking_06
ライブスター証券 kabu1_ranking_01.png

注1:口座数は2016年3月末時点。SMBC日興証券はネット口座の件数が開示されていないため、ランキング対象外。
注2:日本株手数料は2017年5月12日現在。取引毎の手数料(50万円)、但し松井証券は一日当たりの約定金額に対する手数料。
注3:投資信託取扱本数は2017年6月6日に各社HPで確認。
注4:IPO取扱件数は2016年の件数
注5:米国株1,000株までの手数料は2017年5月17日現在

参考:一目でわかる、ネット証券会社10社の特徴一覧

4 まとめ

株は、企業が事業活動資金を調達するために発行する証書です。企業に出資して株を持つと、誰でも会社のオーナーになれます。売買差益で儲けても、持ち続けて配当金や株主優待で儲けても、もしくは両方で儲けても、儲け方が自分で選べる点もメリットといえます。もちろんリスクはありますが見合うだけの価値は十分にあるといえます。株式投資をためらっているみなさんも、投資家デビューに一歩足を踏み出してみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る