株式投資のメリットはお金を増やす3つのチャンスを手に入れること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはどんなきっかけから株式投資を始めようと思われたのでしょうか?あの会社を応援したい、この商品が好きだから…などという理由より何より「儲けたい」「お金を増やしたい」と思われたのではないでしょうか?

みなさんのお考えの通り、株式投資は、積極的にお金を増やすための行動です。そして「お金を増やすチャンスを手に入れる」というのが、株式投資を行う上での最大のメリットです。

株初心者におすすめのネット証券3社はここだ!

SBI証券:個人投資家売買シェアNo.1
>>総合口座開設&各種取引で最大100,000円プレゼント!SBI証券の口座開設(無料)
>>SBI証券の詳細解説を見る

楽天証券:楽天会員のメリット満載
>>日経テレコン(楽天版)を無料で使える!楽天証券の口座開設(無料)
>>楽天証券の詳細解説を見る

マネックス証券:長期投資家の味方
>>マネックス証券の口座開設(無料)
>>マネックス証券の詳細解説を見る

1 手元の100万円を「減らしたくない」か「増やしたい」か

お金は言うまでもなく、とても大切なものです。大切だからこそ、お金というものに対しては、2通りの考え方があります。それは、「お金を減らしたくない」という考え方と「お金を増やしたい」という考え方です。この2つの考え方は、似ているように見えるかもしれませんが、全く異なるものです。

たとえば、今あなたの手元に100万円あるとします。もちろんこのお金で何か買ってもいいのですが、当面使う予定がないというとき、さて、あなたならどうしますか?「(増える可能性が低くてもいいから)お金を減らしたくない」と考えますか?それとも「(減る可能性があってもいいから)お金を増やしたい」と考えるでしょうか。

2 株式投資の最大のメリットは「お金を増やす3つのチャンスを手に入れること」

そこにいくと、株式投資をやる大きなメリットは「お金を増やしたい」という人が「お金を増やせる可能性がある」ということでしょう。しかも、自分で探し、自分で判断して選んだ銘柄(商品)で、お金を増やすチャンスがあるのです。

お金を増やす方法には大きく分けて次の3通りの方法があります。自分のスタイルに合わせて選べるのも大きなポイントです。

2.1 値上がり益(キャピタルゲイン)でお金を増やす

もし出資した企業が見込み通り成功して儲ければ、その企業の株が欲しい、という人が増えるはずです。すると、その株式の価値が高まる、つまり株価が上がると予測できますね。買ったときより高い株価で売ることができれば、差額が利益となり、儲けることができます。こうした利益のことを値上がり益、あるいは「キャピタルゲイン」といいます。

2.2 配当金を狙う方法(インカムゲイン)でお金を増やす

企業は事業活動で得た儲けを出資者、すなわち株主に還元します。利益は、株主が持っている株式数に比例して「配当金」として分配されます。配当金をもらえれば、儲けになります。配当金で得られる利益のことを「インカムゲイン」といいます。

2.3 株主優待をもらう

現在、上場企業の約3割が株主優待制度を設けています。株主優待は、企業から株主への感謝の意を込めたプレゼントだとお考えいただければよいでしょう。内容は、クオカード、自社施設・店舗で使える割引券、映画のチケット、お米、化粧品など企業によって様々です。

3 株式投資のデメリットは「お金が減ってしまうリスクがあること」

逆に、株式投資のデメリットはというと、投資判断を誤ったり、予期せぬ社会情勢の変化などによってお金が減ってしまう可能性があることでしょう。

投資していた企業が倒産でもすれば、株式はただの紙切れになってしまいます。また、企業の経営状況、経済情勢、社会情勢などによっても、株価は変動します。その結果、買値より株価が下がって損をする(元本割れ)リスクはあります。

ですが、10万円の投資であれば、そのリスクは仮に倒産して株価が0円になったとしても10万円までです。また、仮に株価が大きく下がったとしても、売却しなければ損は確定(現実化)しません。信用取引など、上級者向けの取引を不用意に行わず、通常の株式売買をしている限り、リスクは限定的といえるでしょう。

また、株式投資を行うことは、経済活動の一端に参加することでもあります。当然社会情勢にも敏感になりますし、個別銘柄に投資するならその会社の業績にも敏感になります。常日頃から情報収集を行い、社会情勢にアンテナを張っておくことで、リスクを減らしていくことは決して不可能なことではありません。

4 株式投資を行うには証券口座が必要

では、株式投資でお金を増やすぞ!と思ったとき、一番にしなければならないことは、まずは証券会社に口座を開設することです。でもどの証券会社に口座を開設すればいいのか…と迷ってしまいますよね。

自分の適性やニーズがはっきりわかっていないという資産運用初心者の方に適しているのは「少額投資での手数料が安く、情報や商品ラインナップが充実している証券会社」だといえます。

条件 理由
安い手数料 初心者の間は頻繁な売買は避けてじっくりと知識をつけながら経験を積むほうが良い
情報ツールの提供 知識を養うのに投資情報やセミナーをしっかりと提供してくれてくれていると便利
ラインナップの充実 何に興味を持つかも分からない段階なので、選べる商品は多いほうがよい。特に投資信託は初心者にとっては有力な選択肢

近年では、ネット証券会社の登場により、インターネットを介して比較的簡単に口座開設ができるようになっています。ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

以下に、ネット証券のそれぞれの強みをまとめました。証券会社選びの参考にしてみてください。詳しくは「はずさない証券会社の選び方:ニーズに合わせた組み合わせを」もあわせてご覧ください。

これから資産運用を始めたい(初心者)
  • SBI証券(口座数No.1:商品ラインナップが充実)
  • 楽天証券(口座数No.2:商品ラインナップと投資情報が充実)
  • マネックス証券(口座数No.3:オンラインセミナーの充実度が突出)
IPO株投資に挑戦したい
外国株投資に挑戦したい
  • マネックス証券(米国株の取扱銘柄数ネット証券No.1、手数料最安)
  • SBI証券(米国、中国、その他新興国を幅広く取り扱い)
  • 楽天証券(米国、中国、その他新興国を取り扱い)
デイトレードに挑戦したい
情報収集に便利な証券会社を選びたい
  • 楽天証券(ネット証券で唯一「日経テレコン21」が無料で使える)
  • マネックス証券(無料オンラインセミナーの充実度が群を抜く)

5 まとめ

いかがでしたか。今の0.001%というような普通預金の金利では、銀行に預けてもお金が大きく増えることはまずないといえます。そこにいくと、お金が増えるチャンスがあるということが株式投資の最大のメリットになるといえます。多少のリスクはありますが、積極的にお金を増やしたいという人はぜひ検討してみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る