IPO株(新規公開株)投資は、その勝率の高さ故に、投資家に大変な人気があります。欲しい方が大勢いるため、抽選になることが多いのです。

 

一方、一部のIPO株は上場後に大きく値下がりするケースもあります。会社の実力に不釣り合いに高い公募価格(IPO直前に投資家が買う価格)が設定されるケースや、IPO直後に大株主が株を売って売買の需給バランスが崩れてしまうケースなどです。

 

つまり、IPO株への投資では、いかにして当選確率を上げるか、いかにしてババを引かないかがポイントになります。

 

投資なので、絶対的な法則はありません。しかし、最低限守るべきルールやリスクの見分け方はあります。外資系資産運用会社でIPO株を長年見てきたアナリストを擁する、株1編集部が、徹底解説します。

 

 

IPOの全体像を理解する

これからIPO株投資に挑戦してみようとお考えの方は、そもそもIPO株投資とは何なのか、なぜ儲かることが多いのかを知っておくのが良いでしょう。
shutterstock_304959785

IPO株の買い方と選定の方法を学ぶ

IPO株は儲かり易いこともあり、投資家に人気です。欲しい人が大勢いる場合は抽選などにより、一部の方だけが入手できるお宝のような存在になることもあります。その一方で、ハズレのIPOもあります。

ここでは、IPO株の買い方と、ババを引かないようにするために最低限知っておきたい基礎知識をまとめています。

shutterstock_123461872

IPO株の売り時を考える

高い倍率の抽選を勝ち抜いて、せっかく手に入れたIPO株をずっと持っていたいと思う方も多いことでしょう。「もっと上がるかも!?」とも思うでしょう。

しかし、成長が期待されるIPO株といえども、ずっと株価があがり続けることはまずありません。一度売却して利益を確定し、どうしてもその銘柄が欲しければ、株価が下がった時にまた買えばいいのです。

shutterstock_314742932