ヤマダ電機(9831)の株主優待は優待利回り5%以上?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤマダ電機は、「LABI」や「テックランド」などの家電量販店を展開する企業です。ベスト電器やマツヤデンキなども同社の子会社です。同社の株を100株以上購入すると、購入金額1,000円ごとに500円割引になる優待券がもらえます。同社の株主優待をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

SBI証券なら最短2日で口座開設!今なら総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼントキャンペーン中!株主優待をオトクにゲットする情報も満載ですよ。

>>総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼント!SBI証券の口座開設(無料)
>>個人投資家売買シェアNo.1。SBI証券の詳細解説はこちら

1 ヤマダ電機の株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 割引券(食事・買い物・宿泊等)
権利確定月(優待の回数) 3月末、9月末(年2回)
優待品の発送時期
株価 551円
単元株数 100株
最低投資金額 55,100円

※株価、最低投資金額は2018年9月11日終値ベース

2 株主優待の内容

ヤマダ電機の株を購入すると、保有株数に応じて購入金額1,000円ごとに500円割引になる優待券が年2回もらえます。付与枚数は3月末、9月末の基準日により異なります。また、保有期間が1年以上になるともらえる枚数が増えます。
ヤマダ電機は店舗数が多いので、お近くの店を見つけやすいでしょう。取扱商品のジャンルや種類が多く、家電に加え電池などの消耗品も購入できるので、欲しいものが見つかるはずです。なお、2018年9月11日現在、100株保有での優待利回りが5%以上になっているのでお得ですね。

保有株数 優待券の枚数 年間合計 優待利回り(年間)
100株~499株 3月末:2枚
9月末:4枚
3,000円分(1,000円×1回、2,000円×1回) 5.4%
500株~999株 3月末:4枚
9月末:6枚
5,000円分(2,000円×1回、3,000円×1回) 1.8%
1,000株~9,999株 3月末:10枚
9月末:10枚
10,000円分(5,000円×2回) 1.8%
10,000株以上 3月末:50枚
9月末:50枚
50,000円分(25,000円×2回) 0.9%

※優待利回りは優待の年間合計を各ゾーンの最低投資金額で割って算出し、小数点以下第2位を四捨五入
※最大54枚まで利用可能
※有効期間は半年間(3月末日:7月~12月末、9月末日:翌年1月~6月末)

■100株以上を長期継続保有した場合、期間に応じて優待券を追加でもらえます。

保有株数 保有期間 優待券の枚数 年間合計(追加分のみ)
100株以上 1年以上2年未満 3月末:3枚
9月末:1枚
2,000円分(1,500円×1回、500円×1回)
2年以上 3月末:4枚
9月末:1枚
2,500円分(2,000円×1回、500円×1回)

※有効期間は半年間(3月末日:7月~12月末、9月末日:1月~6月末)
出所:ヤマダ電機の株主優待情報

3 会社データ、財務指標、配当利回りもあわせてチェックしよう

ヤマダ電機の2018年3月期売上高は1兆5,738億円であり、家電量販店では最大手の企業です。売上高のうち8割以上を家電・情報家電の販売が占めています。LABIやテックランドなどの直営店舗が935店、フランチャイズ店舗が11,066店もあり、店舗網の広さが強みです。

社名 株式会社ヤマダ電機
業種 小売業
上場する市場 東証一部
PER 9.84倍
PBR 0.76倍
1株配当(年間予想) 17円
配当利回り(年間予想) 3.09%

※PER、PBR、配当利回りは2018年9月11日終値ベース

4 ヤマダ電機の株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【ヤマダ電機の株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 松井証券 0円 詳細解説を見る
2位 ライブスター証券 80円 詳細解説を見る
3位 GMOクリック証券 88円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め4営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2018年9月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2018年9月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
9月20日 9月14日(金) 9月18日(火)
9月末日 9月25日(火) 9月26日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

いかがでしたか?ヤマダ電機の株を購入すると、お買い物に使える優待券がもらえます。有効期間は半年ですが、取扱商品が豊富なので有効に活用できるのではないでしょうか。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る