30~40代の株入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

資金的な余裕は徐々に増えて来たが、忙しくて時間が無い30-40代

30-40代と少し幅広いレンジになりますが、社会の仕組みがよく分かり、働き盛りの年代であり(壮年世代と称されます)、尚且つ、退職後の生活にも徐々に目を向けなければならなくなる、ということでまとめて区分してみました。その中で、主に主婦業に従事されている方は、「女性向け」のところを是非参考にして頂きたいと思います。

この年代の皆さんに共通している特徴は、「資金的な余裕は徐々に増えて来たが、忙しくて時間が無い」というものでしょう。一方で、会社勤めの方も、自営業の方も、相応に社会経験が豊富になっており、“心の余裕”を持てる年代ではないかと考えられます。特に、自分自身が所属されている、或いは、深く関わっている業界のトレンドや、そこでの強みを持つ企業などについて、熟知されている方、または、何となく肌感覚をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

仕事で身に付いた肌感覚は投資のプロもうらやむお宝

こうした知らず知らずのうちに身に付いた知識や感覚(=“肌感覚”)は、株式投資に大いに役立ちますし、非常に重要です。一応は投資のプロと称されているファンドマネージャーや証券アナリストでさえも、各業界の方がお持ちの“肌感覚”は欲しくて仕方がない貴重な情報なのです。そこで得た“肌感覚”を活かさないのは、本当に勿体ないの一言に尽きます。

一方で、業界や会社の事業展開は良く分かっていても、その産業の規模感や、会社の業績(=決算)となると、詳細は知らないという方は意外に多いのではないでしょうか?その場合は、ご自身の肌感覚で気になる業界や企業を絞り込んで、その企業に関するアナリストレポートを読むなどすれば、よい補完関係がうまれますので、是非試してみてください。アナリストレポートは、口座を開設したネット証券のHPにアクセスすると無料で提供されているものも多いです。

個別企業に関するアナリストレポートが特に充実している証券会社として、以下4社をご紹介しておきたいと思います。

→マネックス証券:JPモルガンの調査レポートなど個別銘柄の情報が充実(無料で口座開設)

→SMBC日興証券:充実の調査部隊を抱える(無料で口座開設)

→カブドットコム証券:三菱UFJモルガンスタンレー証券の調査レポートが読める(無料で口座開設)

→岡三オンライン証券:充実の小型株調査レポートが読める(無料で口座開設)

少額でも実際に自分自身の「お金」を投資しよう

これは20代の方向けの欄でも説明しましたが、株式投資の経験は早いうちから積むことが出来るならば、それに越したことはありません。前述したように、30~40代の方は仕事の多忙、子育ての多忙、或いは、趣味の多忙などが故に、こうした貴重な機会を逃すケースが少なくないようです。20代の方々と同じように、少額資金で十分ですから、株式投資へ“入門”しておくことを勧めたいと思います。何事も、遅きに失することがないようにしたいです。

インサイダー取引には細心の注意を

最後に、お忙しいみなさんだからこそ、是非ともご注意頂きたいのは、インサイダー情報の取扱いです(インサイダー情報の定義は東京証券取引所のホームページでご確認ください)。上場企業の役職員には、業務上得られた内部情報を基に当該株式を売買すると、インサイダー情報の取り扱いに該当する恐れが高く、上場企業の役員が自社の株の売買をする場合などは、特に厳しい制限があります。例えば、みなさんが勤めている会社が好業績を発表することを事前に知って、それを基に自社株を売買することも、立派な犯罪となり、刑事訴訟の対象となります。様々な情報を入手できる年代だからこそ、十分注意しましょう。

<< 前へ(20代の株入門) | 次へ(50代の株入門) >>

1から始める初心者にやさしい株入門|ホーム

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る