お米やお菓子、食品がもらえる株主優待は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お米やお菓子、食品などをもらえる株主優待銘柄をご紹介します。

1 お米やお菓子、食品がもらえる株主優待銘柄はこれだ!

1.1 オリックス(8591)

オリックスは、法人・個人金融サービスを軸に事業を展開する企業です。同社の株を購入すると、日本各地の特産品をテーマにした「ふるさと優待カタログ」をもらえることで人気があります(3月末付のみ)。ふるさと優待カタログは、オリックスグループの全国各地の取引先が取り扱う商品の中から、名産品を厳選してカタログギフトにしたものです。さらにグループ企業を何度でも優待価格で利用できる「株主カード」ももらえます。

詳細解説:オリックス(8591)の株主優待!特産品がもらえる『ふるさと優待』に注目!

優待内容 食品、割引券(食事・買い物・宿泊)、地方名産品
投資予算 175,000円
単元株数 100株
権利確定月 3月末、9月末(年2回)※ふるさと優待は毎年3月末日時点で100株以上保有の国内居住株主限定
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想)
配当利回り(予想)

※2018年8月24日終値ベース
オリックスの株主優待情報ページ

1.2 日清食品HD(2897)

日清食品ホールディングスは「カップヌードル」などでおなじみの企業です。世界で初めてのインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売した老舗でもあります。株主優待は、自社グループ製品の詰め合わせや、オリジナルキャラクターグッズが保有株数に応じてもらえます。また、食糧支援を行う国連WFPへの寄付もできますよ。

詳細解説:日清食品HD(2897)の株主優待は自社製品詰め合わせとオリジナルグッズ!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 728,000円
単元株数 100株
権利確定月 3月末、9月末(年2回)
但し、300株未満の優待は3月末(年1回)のみ
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 110円
配当利回り(予想) 1.51%

※2018年9月10日終値ベース
日清食品ホールディングスの株主優待情報ページ

1.3 ヤクルト本社(2267)

ヤクルト本社は、乳酸菌飲料の「ヤクルト」でおなじみの会社です。同社の株を購入すると、年2回の株主優待がもらえます。3月末の株主には飲料と乾めんの詰め合わせ、9月末の株主へは、神宮球場で行われるヤクルト公式戦の外野自由席と引き換えできるポイントです。野球好きの人にぴったりの優待ですね。年2回の優待でそれぞれ異なった楽しみ方ができるのがヤクルト本社の優待の魅力です。さらに、3年以上継続保有すると化粧品ももらえますよ。

詳細解説:ヤクルト本社(2267)の株主優待でヤクルト製品と野球を楽しむ!

優待内容 食品、飲料、自社製品、映画・テーマパーク
投資予算 838,000円
単元株数 100株
権利確定月 3月末、9月末(年2回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 40円
配当利回り(予想) 0.48%

※2018年9月11日終値ベース
ヤクルト本社の株主優待情報ページ

1.4 アイ・ケイ・ケイ(2198)

アイ・ケイ・ケイは、九州、北陸、東北、四国・中国の地方中核都市でゲストハウス型挙式・披露宴を企画・運営する企業です。同社の株を購入すると、保有株数に応じて特選お菓子とレストランお食事代金ご優待券がもらえます。100株保有であれば、1,500円相当のお菓子と優待券3枚になります。優待券はフレンチの「ラ・ロシェル」(南青山店、山王店、福岡店)のほか富山、広島、佐世保、岡崎、大阪の同社レストランで使用でき、ランチコースまたはディナーコースがそれぞれ1,000円、2,000円割引になります。

優待内容 割引券(食事・買い物・宿泊等)、食品
投資予算 82,100円
単元株数 100株
権利確定月 4月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 12円
配当利回り(予想) 1.46%

※2018年4月13日終値ベース
アイ・ケイ・ケイの株主優待情報ページ

1.5 宝印刷(7921)

宝印刷は、上場企業のディスクロージャー関連の印刷事業等を展開する企業です。同社の株主になると、保有株数に応じてカタログギフトがもらえます。100株の保有なら1,500円相当です。さらに、3年以上の継続保有なら2,000円相当になります。商品の内容は毎年変わりますが、食品や地方の名産品、日用雑貨など7~8品目程度から選べるようになっています。

優待内容 食品、地方名産品、その他
投資予算 204,300円
単元株数 100株
権利確定月 5月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.7%
年間配当(予想) 50円
配当利回り(予想) 2.45%

※2018年4月25日終値ベース
宝印刷の株主優待情報ページ

1.6 カゴメ(2811)

カゴメは、野菜ジュースやケチャップなどでおなじみの企業です。同社の株を購入すると、100株の保有なら2,000円相当の自社商品の詰め合わせが年1回もらえます。代表的な野菜ジュースのほか、トマトケチャップ、ソースなど多彩な商品がセットになっています。毎日の食卓に使えるものばかりで、野菜が手軽に美味しく食べられますね。なお、優待は半年以上の継続保有が条件となりますので、ご注意ください。

詳細解説:カゴメ(2811)の株主優待は自社商品が年間2,000円分!

優待内容 飲料、食品、自社製品
投資予算 297,700円
単元株数 100株
権利確定月 6月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.7%
年間配当(予想) 35円
配当利回り(予想) 1.18%

※2018年10月30日終値ベース
カゴメの株主優待情報ページ

1.7 サイゼリヤ(7581)

サイゼリヤは、パスタやピザなど、イタリア料理を低価格で楽しめるファミリーレストラン「サイゼリヤ」を展開する企業です。同社の株主になると、本場イタリアから輸入するパスタ、オリーブオイルなどがもらえます。100株保有であれば、2,000円相当の品がもらえます。

優待内容 食品
投資予算 244,400円
単元株数 100株
権利確定月 8月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 18円
配当利回り(予想) 0.74%

※2016年10月12日終値ベース

1.8 サトウ食品工業(2923)

サトウ食品工業は、包装米・包装餅製造販売を行っている食品企業です。同社の株を購入すると、100株保有の場合、自社製品1,000円分がもらえます。主力商品である包装米や包装餅はいつでも手軽に調理できるので便利ですね。ごはんを炊き忘れた時やお米を切らしてしまった時には大活躍間違いなしです。

詳細解説:サトウ食品工業(2923)の株主優待はサトウのごはんと切り餅!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 393,500円
単元株数 100株
権利確定月 10月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.3%
年間配当(予想) 20円
配当利回り(予想) 0.51%

※2018年10月10日終値ベース
サトウ食品工業の株主優待情報ページ

1.9 萩原工業(7856)

萩原工業は、合成樹脂繊維「フラットヤーン」を製造・販売する企業です。同社の株を購入すると、保有株数と継続保有年数に応じて、地元岡山県の特産品や自社製品等を盛り込んだオリジナルカタログからお好みの商品を選ぶことができます。また、金額の範囲内でお好みの商品を複数選択することもできます。例えば3,000円相当商品が選択可能な場合、1,000円相当商品を3つ受け取ることもできます。

詳細解説:萩原工業(7856)の株主優待は特製ギフトカタログ!

優待内容 クオカード・金券、食品、自社製品、地方名産品
投資予算 178,400円
単元株数 100株
権利確定月 10月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.6%
年間配当(予想) 32円
配当利回り(予想) 1.79%

※2018年10月11日終値ベース
萩原工業の株主優待情報ページ

1.10 サッポロHD(2501)

サッポロホールディングスは、ビールをはじめ、飲料や食品の製造、飲食店チェーンを展開している企業グループの持株会社です。同社の株を購入すると、自社商品の詰め合わせがもらえます。代表的なビールだけでなく、食品・飲料も選べるのでお酒が苦手な方やお子様がいる方にもおすすめです。また、3年以上長期保有の株主を対象にした優遇制度も新設されました。このほか、200株以上保有するとサッポロライオンチェーンなど飲食店の割引券(20%割引き)5枚ももらえます。

詳細解説:サッポロHD(2501)の株主優待はビールやジュースの詰め合わせ!

優待内容 飲料、食品、割引券(食事・買い物・宿泊等)、自社製品
投資予算 257,100円
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 40円
配当利回り(予想) 1.56%

※2018年11月29日終値ベース
サッポロHDの株主優待情報ページ

1.11 アサヒグループHD(2502)

アサヒグループホールディングスは、ビールをはじめとする各種飲料の製造を行う企業グループの持株会社です。同社の株を購入すると、保有株数に応じてプレミアムビールや清涼飲料水などの自社グループ製品がもらえます。100株の保有なら1,000円相当です。2017年はプレミアムビールや酒類詰め合わせ、清涼飲料水・食品詰め合わせなどの選択肢からひとつ選ぶことができました。このほか、アサヒグループ環境基金や東日本大震災復興支援活動への寄附も選択できます。

詳細解説:アサヒグループHD(2502)の株主優待でビールやジュースをもらおう!

優待内容 飲料、食品、自社製品
投資予算 472,500円
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.2%
年間配当(予想) 90円
配当利回り(予想) 1.90%

※2018年11月29日終値ベース
アサヒグループHDの株主優待情報ページ

1.12 ファースト住建(8917)

ファースト住建は、近畿圏を中心に不動産事業を展開する企業です。同社の株を購入し、1年以上保有すると、100株以上の保有で500円相当のクオカードが、300株以上なら洋菓子・ワイン・食品などの中から好きな商品1点がそれぞれ年に2回もらえます。クオカードはもちろん、保有株数を増やして好きな洋菓子やワインなどをもらうのも、日常生活には嬉しい優待ですね。

詳細解説:ファースト住建(8917)の株主優待はクオカードがもらえる!

優待内容 クオカード・金券、飲料、食品
投資予算 142,300円
単元株数 100株
権利確定月 4月末、10月末(年2回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.7%
年間配当(予想) 43円
配当利回り(予想) 3.02%

※2018年10月16日終値ベース
ファースト住建の株主優待情報ページ

1.13 キユーピー(2809)

キユーピーは、日本で初めてマヨネーズやドレッシングを製造・販売したことで知られる、マヨネーズやドレッシング類の国内トップメーカーです。キューピー人形のイラストやキユーピー3分クッキングでもおなじみですね。同社の株を購入すると、保有株数に応じてマヨネーズやドレッシングなどキユーピーグループ製品の詰め合わせが年1回もらえます。100株の保有なら1,000円相当の詰め合わせが送られてきます。なお、この株主優待をもらうには同社の株を3年以上継続して保有する必要がありますので、購入の際は注意してください。

詳細解説:キユーピー(2809)の株主優待は自社グループ製品の詰め合わせ!

優待内容 自社製品、食品
投資予算 272,600円
単元株数 100株
権利確定月 11月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.4%
年間配当(予想) 38円
配当利回り(予想) 1.39%

※2018年11月9日終値ベース
キユーピーの株主優待情報ページ

1.14 日本たばこ産業(2914)

日本たばこ産業はJTの略称で知られ、国内のたばこ事業で圧倒的なシェアを誇る企業です。近年では株主還元の面でも注目されています。そんな同社の株を購入すると、保有株数に応じて自社グループ製品がもらえます。100株保有なら年間で2,000円相当です。簡単に食べられて便利なご飯やカップ麺のほか、調味料、冷凍うどんなどの詰め合わせの中からお好きなものが選べます。なお、2019年12月末以降は年1回の優待制度に変更となるためご注意ください。

詳細解説:日本たばこ産業(2914)の株主優待!時短に便利なご飯などが年間2,000円分!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 286,200円
単元株数 100株
権利確定月 6月末、12月末(年2回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.7%
年間配当(予想) 150円
配当利回り(予想) 5.24%

※2018年12月3日終値ベース
日本たばこ産業の株主優待情報ページ

1.15 六甲バター(2266)

六甲バターは、Q・B・Bチーズでおなじみの食品メーカーです。主力のQ・B・Bブランドの9割以上はチーズで占められていて、チーズ専業メーカーとしては国内トップのシェアを誇っています。同社の株を購入すると、1,000株以上を保有していれば3,000円相当の自社製品が年1回もらえます。チーズ製品が中心の詰め合わせなので、お子さんのおやつやお酒のおつまみにもできますね。株主優待を受け取るための投資額は高額ですが、幅広い年齢層に喜ばれる優待品でなないでしょうか。

詳細解説:六甲バター(2266)の株主優待はチーズなどの自社製品が3,000円分!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 231,400円
※ただし株主優待をもらうには1,000株(2,314,000円)の投資が必要。
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 25円
配当利回り(予想) 1.08%

※2018年12月6日終値ベース
六甲バターの株主優待情報ページ

1.16 山崎製パン(2212)

山崎製パンはパン事業をはじめ、和菓子・洋菓子事業を展開する企業です。同社の株を1,000株購入すると、3,000円相当の同社製品がもらえます。日常のおやつにも最適ですが、急な来客などにも使いやすい内容です。なお、同社は2016年7月より、単元株数を1,000株から100株に変更していますが、優待をもらうためには従来同様1,000株以上の保有が必要となっていますのでご注意ください。

詳細解説:山崎製パン(2212)の株主優待!3,000円相当のお菓子やジャムをゲット!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 235,400円
※ただし株主優待をもらうには1,000株の保有(2,354,000円の投資)が必要
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.1%
年間配当(予想) 20円
配当利回り(予想) 0.85%

※2018年12月10日終値ベース
山崎製パンの株主優待情報ページ

1.17 大塚ホールディングス(4578)

大塚ホールディングスは、ポカリスエットやカロリーメイトでおなじみの企業です。食品の印象が強いですが、実は業界有数の製薬会社でもあります。同社の株を購入すると、3,000円相当の自社グループ製品がもらえます。ソイジョイやカロリーメイトといった携帯食品も含まれているので、朝忙しくてなかなか朝食がとれない人などにはぴったりです。

詳細解説:大塚ホールディングス(4578)の株主優待で3,000円相当の自社製品をゲット!

優待内容 食品、飲料、自社製品
投資予算 534,200円
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.6%
年間配当(予想) 100円
配当利回り(予想) 1.87%

※2018年12月10日終値ベース
大塚ホールディングスの株主優待情報ページ

1.18 湖池屋(2226)

湖池屋は、ポテトチップスなどのスナック菓子の製造販売でおなじみの企業です。2016年10月にグループ企業を再編し、従来のフレンテから湖池屋に社名変更して新たなスタートを切りました。同社の株を購入すると、2,500円相当の自社商品の詰め合わせがもらえます。湖池屋といえばポテトチップスでおなじみですよね。パーティーやお酒の肴にもってこいのスナック菓子が詰め合わせとなってお手元に届きますよ!

詳細解説:湖池屋(2226)の株主優待は2,500円相当のスナック菓子!

優待内容 食品、自社製品
投資予算 529,000円
単元株数 100株
権利確定月 12月末(年1回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.5%
年間配当(予想) 40円
配当利回り(予想) 0.76%

※2018年12月10日終値ベース
湖池屋の株主優待情報ページ

1.19 ダイドーグループホールディングス(2590)

ダイドーグループHDは、コーヒーの「ダイドーブレンド」シリーズでおなじみの企業です。ドリンク剤等の製造を手がける大同薬品工業、フルーツデザートゼリー市場トップの「たらみ」も同社の事業会社です。同社の株を購入すると、コーヒーやジュース、ゼリーなど3,000円相当の自社グループ商品の詰め合わせが年に2回もらえます。普段つい買ってしまう飲み物代の節約にもなりますね。なお、同社の権利確定日は20日なので、購入を検討する際はご注意ください。

詳細解説:ダイドーグループHD(2590)の株主優待はグループ商品3,000円分!

優待内容 飲料、食品、自社製品
投資予算 634,000円
単元株数 100株
権利確定月 1月20日、7月20日(年2回)
優待利回り(100株保有の場合) 0.9%
年間配当(予想) 60円
配当利回り(予想) 0.95%

※2018年7月11日終値ベース
ダイドーグループHDの株主優待情報

1.20 大庄(9979)

大庄は、居酒屋チェーン「庄や」や「やるき茶屋」でおなじみの飲食企業です。同社の株を購入すると、店舗で使える優待飲食券もしくは産地直送の特産品がもらえます。普段よく「庄や」などの店舗を利用される方は飲食券を選択するのもよいですし、お近くに店舗がない方などはちょっと贅沢な特産品を楽しむのもいいですね。

詳細解説:大庄(9979)の株主優待は飲食券か産地直送グルメを選べる!

優待内容 食品、地方名産品、割引券(食事・買い物・宿泊等)
投資予算 173,500円
単元株数 100株
権利確定月 2月末、8月末(年2回)
優待利回り(100株保有の場合) 2.9%
年間配当(予想) 14円
配当利回り(予想) 0.81%

※2018年8月7日終値ベース
大庄の株主優待情報ページ

1.21 トーホー(8142)

トーホーは、西日本が地盤の業務用食品卸の最大手企業です。業務用食材店や食品スーパーも展開しています。同社の株を購入すると、保有株数に応じて「トーホーストア」や「A-プライス」などの系列各店で使える買物割引券(1枚100円)やセレクト製品がもらえます。100株の保有なら年間50枚の割引券です。1,000円(税込)以上の買い物につき、1,000円毎に100円の割引券を1枚使うことができます。トーホー系列のお店でよく買い物をされる方にはうれしい優待ですね。

詳細解説:トーホー(8142)の株主優待は買い物割引券が年間5,000円分!

優待内容 割引券(食事・買い物・宿泊等)、飲料、食品
投資予算 265,600円
単元株数 100株
権利確定月 1月末、7月末(年2回)
優待利回り(100株保有の場合)
年間配当(予想) 50円
配当利回り(予想) 1.88%

※2018年6月29日終値ベース
トーホーの株主優待情報ページ

2 まとめ

いかがでしたか?お米やお菓子、食品を株主優待でゲットできたら日常生活がより便利でお得になりますね。ぜひ検討してみてください!

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る