GMOクリック証券:節約志向の投資家の味方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

業界最低水準の株式売買手数料

GMOクリック証券はインターネット事業を幅広く行うGMOインターネットグループの証券会社で、口座数は28万口座を超えています(2016年3月末現在)。

GMOクリック証券は手数料を節約したい方の味方と言えましょう。たとえば10万円までの現物株一取引の手数料は税込95円です。さらに一日定額プランの場合、一日の合計取引金額が20万円までなら税込230円、20万円から30万円までなら税込300円となっています(2016年6月1日現在)。

「日本株の手数料で比較」をご覧いただくと、その手数料の安さが良くお分かりいただけると思います。

NISAでの手数料がゼロ

GMOクリック証券では、NISA口座での株式や上場投資信託の売買の手数料は買付時、売却時ともにずっと無料です。

シンプルで操作性の高い取引ツール

省スペースで売買発注に特化したツールの「はっちゅう君」、さらにくわしい画面が表示される「スーパーはっちゅう君」や、スマホアプリ「iClick株」「株roid」などのツールが豊富に提供されています。PC、スマホアプリともに、シンプルで操作性が高い点が特徴です。

投資情報も充実

気になった銘柄の財務分析を行ってくれるツールが見やすいグラフを作成してくれます。また、銘柄スクリーニングツールも用意されています。TIW社の銘柄レポートも読むことができます。

GMOクリック証券の無料口座開設はこちら↓

注)最新の証券会社の手数料、サービス内容は公式サイトにてご確認ください。

1から始める初心者にやさしい株入門|ホーム

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る