2016年7月おすすめ株主優待:注目5銘柄と映画好き2銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年7月の株主優待銘柄のなかで、おすすめの5銘柄をご紹介します。

今回は株1編集部が「もし自分がもらうなら」という視点で、2つのポイントから厳選しました。

・おおよそ20万円の投資金額
・7月末に、優待だけでなく配当も予定されている

優待内容と配当は年間ではなく、あくまでも7月末の権利確定分だけに照準をあわせて本当にオトクな銘柄に絞りました。さらに、投資先の企業に一定の収益規模があって安心感があるものを選びだしています。

1 編集部が選んだ「今ほしい!」7月優待 厳選5銘柄

※2016年6月20日の終値をもとに計算
※優待利回り、配当利回りは、7月に予定されている優待金額、配当をもとに独自に算出(小数点以下第2位を四捨五入)

ティーライフ(3172)

ダイエット茶や、健康茶、化粧品などをカタログ、ネットで販売する企業です。総合利回りが高く、投資予算から見ても比較的トライしやすいことがポイント。ダイエットや健康食品に興味がある方におすすめです。

株主優待制度

投資予算 約10万円
単元株数 100株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) 自社商品買い物券(1,000円分)
優待利回り(A) 1.0%
一株配当(7月末) 28円
配当利回り(B) 2.9%
総合利回り(A)+(B) 3.9%

不二電機工業(6654)

京都に本社を置く、電気制御機器専門メーカーです。保有期間と保有株数に応じて、もらえるクオカードの金額がアップします。

株主優待制度

投資予算 約14万円
単元株数 100株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) クオカード(500円分)
優待利回り(A) 0.4%
一株配当(7月末) 16円
配当利回り(B) 1.2%
総合利回り(A)+(B) 1.5%

稲葉製作所(3421)

CMでおなじみ「イナバ物置」を展開する物置・オフィス家具メーカー。300株以上保有すると、同社と関わりが深い地域の特産品かオリジナル図書カードの中から1品選択(3,000円相当)になります。

株主優待制度

投資予算 約14万円
単元株数 100株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) オリジナル図書カード(1,000円分)
優待利回り(A) 0.7%
一株配当(7月末) 12円
配当利回り(B) 0.9%
総合利回り(A)+(B) 1.6%

鳥貴族(3193)

全メニューを税抜280円で提供する焼鳥チェーン「鳥貴族」を運営。300株以上保有すると、お食事優待券は3,000円相当になります。「鳥貴族」を利用する方にはオトクです。

株主優待制度

投資予算 約21万円
単元株数 100株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) お食事優待券(1,000円相当)
優待利回り(A) 0.5%
一株配当(7月末) 4円
配当利回り(B) 0.2%
総合利回り(A)+(B) 0.7%

トーホー(8142)

西日本が地盤の業務用食品卸の最大手。業務用食材店や食品スーパーも展開。保有株数に応じてもらえる割引券の金額がアップします。お近くにトーホーストアかA-プライスがある場合は非常にオトクです。

株主優待制度

投資予算 約25万円
単元株数 100株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) トーホーストア、A-プライスなどで使える買物割引券(2,500円分)
優待利回り(A) 1.0%
一株配当(7月末) 25円
配当利回り(B) 1.0%
総合利回り(A)+(B) 2.1%

【コラム】映画好きならこの2銘柄も検討してみよう

もし予算が30万円以上あり、映画が好きという方であれば、映画招待券を株主優待にしている銘柄を探してみてはいかがでしょうか。ここでは7月末が権利月の株主優待実施企業から2銘柄をご紹介します。

スバル興業(9632)

「有楽町スバル座」で使える映画招待券を優待としてもらえます。

株主優待制度

投資予算 約39万円
単元株数 1,000株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) 「有楽町スバル座」で鑑賞できる株主優待カード
(6か月6回 大人1,800円として10,800円相当)
優待利回り(A) 2.8%
一株配当(7月末) 3.75円
配当利回り(B) 1.0%
総合利回り(A)+(B) 3.7%

きんえい(9636)

「あべのアポロシネマ」で使える映画招待券を優待としてもらえます。

株主優待制度(2016年3月8日に適時開示された「株式併合に伴う株主優待制度の一部変更に関するお知らせ」へのリンクです)

投資予算 約31万円
単元株数 1,000株
権利確定最終売買日 2016年7月26日
優待内容(7月末) 「あべのアポロシネマ」で鑑賞できる株主優待券
(6か月分6枚 大人1,800円として10,800円相当)
優待利回り(A) 3.5%
一株配当(7月末) 0円(期末配当のみを予定)
配当利回り(B)
総合利回り(A)+(B) 3.5%

2 7月優待をもらうには―2016年7月26日までに株を買おう

上記で記載した7月優待をもらうには、7月26日までに株を買う必要があります。7月26日当日に買い付けても問題ありません。ただし、いつ買い付けたとしても7月26日までは売り注文を出さないでください。これは、7月26日が「権利確定日」と呼ばれる、優待をもらえる株主を確定する日だからです。

7月27日以降はいつ売却をしても構いません。

3 最短で口座開設できるのはカブドットコム証券/楽天証券/SBI証券

証券口座を開設するのに時間がかかる、面倒…。そう思ってはいませんか?ネット証券なら手続きが非常にスピーディ。諸条件を満たせば、申し込み翌日から取引を始められる会社もあります。

ネット証券のなかでも特に口座開設がスピーディな証券会社はカブドットコム証券SBI証券楽天証券の3社です。

申し込みから口座開設まで(最短) 口座開設から取引開始まで(最短) 特徴
カブドットコム証券 即日(1日) 1営業日 特徴を詳しく見る
SBI証券 即日(1日) 1営業日 特徴を詳しく見る
楽天証券 2日 1営業日 特徴を詳しく見る

4 まとめ

いかがでしたか。お手頃の投資金額でオトクな優待を選んでみました。お気に入りの株主優待が見つかればなによりです。そして、株主優待をゲットするなら、「権利確定日までに購入」し、「権利落ち日までは売らない」ということをお忘れなく!

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る