楽天証券:楽天会員のメリット満載。個人投資家に人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

楽天グループ、個人投資家に人気の証券会社

楽天証券は、みなさんよくご存じの楽天グループの証券会社です。2017年9月末の口座数は237万を超え、まさにネット証券最大手の一角といえましょう。手数料の競争力と投資情報・ツールの充実度が「いい感じ」にバランスしており、楽天グループならではの特典もあるため、個人投資家に大変人気です。まず口座を作っておきたい証券会社の一つです。

取引スタイルに合わせて選べる3つの手数料コース

楽天証券の国内株式手数料は、取引スタイルに合わせて3つのコースから選ぶことができます。「超割コース」の場合、10万円までの約定代金なら90円、20万円までならば105円しかかかりません(いずれも税抜、2017年1月10日現在)。

NISAならさらにお得

楽天証券NISA口座では国内株式の株式売買手数料が無料です。また、NISA口座内で海外ETFの取引を行った場合、買付手数料が全額キャッシュバックされます(2017年5月18日現在)。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天証券と楽天銀行に口座を開設し、ハッピープログラムを申込むと、取引にかかる手数料100円ごとに楽天スーパーポイントが貯まります。もちろん他の楽天スーパーポイントと合わせて、楽天市場での買い物や楽天トラベルでの決済に充てることができます。楽天会員の方は口座開設もごく短時間でできるので、とても便利ですね。

投信、外国株の豊富な品ぞろえ

投資信託の取扱本数は2,416本(2017年5月6日現在)、外国株米国株、中国株の取扱銘柄数が多く、ネット証券の中でも大変充実した品揃えといえます。

オンライン・トレーディングツールの「マーケットスピード」が利用できる

株価の自動更新・リアルタイム表示や素早い取引が可能なツールです。日経テレコン21(楽天版)も、この「マーケットスピード」の中で見ることができます。とても無料とは思えない便利な機能が満載で、Mac対応版も用意されています。

スマートフォンアプリ「iSPEED」-iPhone/iPad/Androidに完全対応!

モバイル版トレードツール「iSPEED(アイスピード)」は業界最高水準の高評価アプリです。リアルタイムにマーケット情報をチェックすることはもちろん、これがあれば外出先などからいつでもどこでも注文可能です。こちらも無料で利用出来ます。

楽天銀行との連携メリットも

楽天銀行の口座と連携させることで、投資待機資金を有利に運用できます(金利税前年率0.1%、2017年5月18日現在)。普通預金金利年0.02%水準と比較して5倍の高い金利になっています。更に証券の取引実績などに応じて楽天銀行での手数料などが優遇されます。

楽天証券の無料口座開設はこちら↓

注)最新の証券会社の手数料、サービス内容は公式サイトにてご確認ください。

1から始める初心者にやさしい株入門|ホーム

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る