SMBC日興証券:2015年4月から手数料大幅引き下げ。人気化の予感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三井住友フィナンシャルグループの証券会社のオンライントレード口座

SMBC日興証券は日興証券の流れをくむ老舗証券ですが、現在は三井住友フィナンシャルグループの100%子会社になります。いわゆる大手(総合)証券会社であり、支店における対面取引もありますが、オンライントレードサービスも提供しています。これを「日興イージートレード」と呼んでいます。

2015年4月約定分から手数料が魅力的に

「日興イージートレード」の株式売買手数料は2015年4月約定分から大きく引下げられ、他のネット証券とおおむね同じレベルになります。例えば10万円相当の金額の一取引では135円(税込)です。IPO銘柄の多さ、投資情報の充実度も考えると、今後多くのファンを掴んでいくものと思われます。「日本株の手数料で比較」も参考にしてみてください。

IPO銘柄数がきわめて多く、抽選方式

IPO取扱銘柄数がきわめて多く、IPO投資家にははずせない証券会社です。当社の取扱株数の10%をネット取引(オンライントレード)での申込者に純粋な抽選で割り当てますので、チャレンジしてみたいですね。
IPOに関心のある方は、「IPOで比較」をご覧ください。ネット取引ができる主要証券各社のIPO取扱い実績の比較をしています。

豊富な取扱商品

「日興イージートレード」では日本株、新規公開株、ミニ株に加え、金額・株数指定取引や中国株取引が可能です。

SMBC日興証券のアナリストレポートが読める

SMBC日興証券は調査部門が充実しています。他のネット証券では読めないアナリストレポートで、銘柄を探す参考になるでしょう。「投資情報で比較」も参考にしてみてください。

リアルタイム・トレーディングツール「パワートレーダー」が利用できる

一定の取引数を行うと無料でこのトレーディングツールを利用できます(2015年3月20日現在)。

SMBC日興証券の無料口座開設はこちら↓

注)最新の証券会社の手数料、サービス内容は公式サイトにてご確認ください。

1から始める初心者にやさしい株入門|ホーム

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る