株式投資をやるメリットって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

運動会は参加賞だけもらってもつまらない

さて、株式投資をやるメリットは何でしょうか?まずは、「株式投資って、一体何のことなの?」にも説明した通り、株式投資を行うことで、投資した会社の経営に参加し、そのまま経済に参加することができます。経済に参加することで、今までは新聞やテレビのニュースでしか見聞きしていなかった、経済のダイナミックな動きを身近に感じることができます。でも、経済に参加して、それで終わりでしょうか?もう一度、例えで用いた「運動会」の話を思い出してみて下さい(「株式投資って、一体何のことなの?」)。運動会は参加するだけでいいという人もいるかと思いますが、多くの人(参加者)は、一等賞のメダルや賞状、或いは、何らかの商品景品を取りたいと思うでしょう。やっぱり、参加するだけじゃつまらないものです。

経済に参加して、お金を増やす機会が生まれる

実は、株式投資も同じです。経済に参加するだけでなく、やっぱり、何かを欲しくなるものです。株式投資の場合、この「何か」は「お金」と考えていいでしょう。株式投資のメリットは、何と言っても、お金を増やす可能性があることです。ここで改めて言うまでもなく、私たちにとって「お金」は、非常に大切なものの一つです。これは今現在だけでなく、人類の長い歴史でも不変だったはずです。その大切な「お金」が原因で、醜い争いが繰り返されてきたのが人類の歴史なのです。これは、恥ずかしいことでも何でもなく、ごく普通のことです。

大切な「お金」に対しては2通りの考え方がある

ところが、それほど常に大切なものであるが故に、その「お金」に対しては2通りの考え方が生まれ、長い歴史を経て今現在に至っています。一つは「お金を減らしたくない」という考え方、もう一つは「お金を増やしたい」という考え方です。この2つの考え方は、似ているように見えるかもしれませんが、全く異なるものです。この2つの考え方をもう少し詳しく表すと、「(増える可能性が低くてもいいから)お金を減らしたくない」という考え方と、「(減る可能性があってもいいから)お金を増やしたい」という考え方なります。皆さんはどちらの考え方でしょうか?大きな違いは“リスク”を取るか、取らないかですが、“リスク”という言葉は少し難しいので、ここでは省略します。

銀行預金では、お金を増やす可能性は生まれない

この2つの考え方を、私たちが取る実際の経済的行動で見てみます。いろいろなパターンがあるので、一概には判断し難いのですが、ザックリ言ってしまうと、「お金を減らしたくない」という考え方は銀行預金、「お金を増やしたい」という考え方は株式投資ということになります。したがって、株式投資をやる大きなメリットは、「お金を増やす可能性がある」ということになるのです。あくまでも「可能性」であることに注意して下さい。

株式投資はお金を増やす可能性を与えてくれる

誤解のないように言うと、銀行預金を否定するつもりは全くありません。私たち全ての人が、何らかの形で銀行にお金を預けているはずです。ただ、その預けたお金は、今の時代ならばほぼ間違いなく、大きく増えることはないと言えましょう。一方で、その銀行預金が減ってしまうことも、まずあり得ません。ところが、株式投資はお金を大きく増やす“可能性”があります。ただ、一方では、その「お金」が減ってしまう“可能性”もあるのです。まずは、株式投資はお金を増やす可能性を与えてくれる、というメリットがあることを覚えてくれればいいと思います。

<< 前へ(証券会社に行こう!) | 次へ(株式投資の「リスク」って何?) >>

1から始める初心者にやさしい株入門|ホーム

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る