エディオン(2730)の株主優待!「EDION」や「100満ボルト」で使える優待券がもらえる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エディオンは家電量販店を中部、西日本を中心に展開している企業です。青とオレンジのロゴが印象的な企業ですね。同社の株を購入すると、保有株数に応じて店舗で使える優待券をもらうことができます。同社の株主優待情報をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

楽天証券に口座開設すると「日経テレコン(楽天版)」を無料で利用可能!株主優待生活にも欠かせない経済情報を日経新聞でしっかり、お得にチェックしましょう!

>>日経テレコン(楽天版)を無料で利用可能!楽天証券の口座開設はこちら
>>楽天会員のメリットも満載。楽天証券の詳細解説はこちら

1 エディオンの株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 割引券(食事・買い物・宿泊等)
権利確定月(優待の回数) 3月(年1回)
優待品の発送時期 6月の株主総会終了後
株価 1,290円
単元株数 100株
最低投資金額 129,000円

※株価、最低投資金額は2018年3月8日終値ベース

2 株主優待の内容

同社の株を購入すると、保有株数に応じて「エディオン」や「100満ボルト」で利用できる優待券がもらえます。この優待券は買い上げ金額2,000円(税込)ごとに1枚(500円)利用できます。例えば100株保有していれば6枚(3,000円分)の優待券がもらえるので、12,000円ほどの買い物を9,000円で済ませることができる計算になりますね。家電の買い替えを検討されている方は必見の優待です!オンラインショップでの優待割引が利用できないものも多い中、同社の優待券は「エディオンネットショップ」でも利用可能です。

保有株数 優待券の枚数 年間合計 優待利回り(年間)
100株~499株 6枚(×1回) 3,000円分(500円×6枚) 2.3%
500株~999株 20枚(×1回) 10,000円分(500円×20枚) 1.6%
1,000株~1,999株 30枚(×1回) 15,000円分(500円×30枚) 1.2%
2,000株~4,999株 40枚(×1回) 20,000円分(500円×40枚) 0.8%
5,000株~9,999株 50枚(×1回) 25,000円分(500円×50枚) 0.4%
10,000株以上 100枚(×1回) 50,000円分(500円×100枚) 0.4%

※優待利回りは優待の年間合計を各ゾーンの最低投資金額で割って算出し、小数点以下第2位を四捨五入
※利用期限は7月1日~翌年6月30日の1年間

出所:エディオンの株主優待情報サイト

3 会社データ、財務指標、配当利回り、株価もあわせてチェックしよう

エディオンは関東地方から九州・沖縄にかけては「エディオン」、北陸・北海道地方では「100満ボルト」の店舗名で各地に1,000店舗以上の家電量販店を展開しています。同社はヤマダ電機グループ、ビックカメラグループに次いで家電量販店業界としては売上高第3位の規模を誇ります。シェア獲得競争等の理由から家電量販店の価格競争が激化していましたが、近年は高い粗利率を取り戻したようです。この要因は各社が売上高から利益重視の戦略に切り替え、利益率の低いデジタル家電から、高機能化・高付加価値化された白物家電へと商品構成が変化したことにあるようです。

社名 株式会社エディオン
業種 小売業
上場する市場 東証一部
PER 12.32倍
PBR 0.79倍
1株配当(年間予想) 26円
配当利回り(年間予想) 2.02%

※PER、PBR、配当利回りは2018年3月8日終値ベース

4 エディオンの株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【エディオンの株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 ライブスター証券 97円 詳細解説を見る
2位 GMOクリック証券 98円 詳細解説を見る
3位 SBI証券 105円 詳細解説を見る
3位 楽天証券 105円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め4営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2018年3月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2018年3月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
3月20日 3月15日(木) 3月16日(金)
3月末日 3月27日(火) 3月28日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

いかがでしたか?エディオンの株主優待は、家電の買い替えを検討されている方は必見の優待です。有効期間が1年間と長く、使い切れないことも少ないのではないでしょうか?ネットショップでも利用可能なのが嬉しいですね。気になる方はこの記事をぜひ参考にしてみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る