ファースト住建(8917)の株主優待はクオカードがもらえる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ファースト住建は、近畿圏を中心に不動産事業を展開する企業です。同社の株を購入して1年以上継続保有すると、100株以上なら500円相当のクオカードが、300株以上なら洋菓子・食品・タオルなどの中から好きな商品1点が年に2回もらえます。同社の株主優待情報をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

SBI証券なら最短2日で口座開設!豊富な商品ラインナップと業界随一のマーケット情報!株主優待をオトクにゲットする情報も満載ですよ。

>>豊富な商品ラインナップと業界随一のマーケット情報!SBI証券の口座開設(無料)
>>個人投資家売買シェアNo.1。SBI証券の詳細解説はこちら

1 ファースト住建の株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 クオカード・金券、食品
権利確定月(優待の回数) 4月末、10月末(年2回)
優待品の発送時期
株価 1,350円
単元株数 100株
最低投資金額 135,000円

※株価、最低投資金額は2019年10月11日終値ベース

2 株主優待の内容

同社の株を1年以上継続保有すると、100株以上なら500円相当のクオカードが、300株以上なら洋菓子・食品・タオルなどの中から好きな商品1点がそれぞれ年に2回もらえます。クオカードは株主優待品として定番ともいえます。コンビニエンスストアや書店、ファミリーレストランなど様々な店舗で利用ができ、端数も無駄なく使えるので毎日のちょっとした買い物に便利です。また、保有株数を増やして、日常生活の中でお好きな洋菓子や食品などをもらうのもいいですね。

保有株数 内容 優待利回り(年間)
100株~300株未満 クオカード(券面額500円)×2回 0.7%
300株以上 下記商品のうち、いずれか1点を選択×2回
(洋菓子)
1.モロゾフ ファヤージュ
2.千寿堂 ゴーフレット&パイセット
(和菓子)
3.みゆき堂本舗 越後ふる里づくり
(食品)
4.九州めん自慢
(日用品)
5.今治タオル 白銀

※いずれも1年以上継続保有(4月末、10月末の株主名簿に同じ株主番号で3回以上連続して記載されている)の場合のみ
※上記内容は2019年10月末対象分
※優待利回りは優待の年間合計をゾーンの最低投資金額で割って算出し、小数点以下第2位を四捨五入

出所:ファースト住建の株主優待サイト

3 会社データ、財務指標、配当利回りもあわせてチェックしよう

ファースト住建は、近畿圏を中心に不動産事業を展開している企業です。特に、「良質な住まいを低価格で」を最大のテーマに、戸建分譲事業を主力としています。いわゆる「建売」方式による住宅の供給ですね。若い世代でもマイホームを購入できるように、効率的なビジネスモデルを構築し、スケールメリットを活かしたコスト削減を進めています。さらに、同社の事業エリアは近畿圏が中心ですが、愛知県、広島県、福岡県、千葉県、埼玉県にも営業拠点を順次設置していて、主力事業のシェア拡大を図っているようです。
このほか、戸建分譲に次ぐ事業の柱を構築していくために、近年は注文住宅の受注拡大やマンション事業の強化にも積極的に取り組んでいます。

社名 ファースト住建株式会社
業種 不動産業
上場する市場 東証一部
PER 6.46倍
PBR 0.59倍
1株配当(年間予想) 43円
配当利回り(年間予想) 2.19%

※PER、PBR、配当利回りは2019年10月11日終値ベース

4 ファースト住建の株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【ファースト住建の株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 ライブスター証券 97円 詳細解説を見る
2位 GMOクリック証券 98円 詳細解説を見る
3位 SBI証券 105円 詳細解説を見る
3位 楽天証券 105円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め3営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2019年10月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2019年10月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
10月20日 10月16日(水) 10月17日(木)
10月末日 10月29日(火) 10月30日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

いかがでしたか?ファースト住建の株主優待は、保有株数に応じてクオカードまたは洋菓子・食品などの中から好きな商品がもらえるのが魅力的です。日々の生活に役立つ優待品が嬉しいですね。気になる方はこの記事をぜひ参考にしてみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る