ヤクルト本社(2267)の株主優待でヤクルト製品と野球を楽しむ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤクルト本社は、乳酸菌飲料の「ヤクルト」でおなじみの会社です。「ヤクルト」だけでなく、乳酸菌の研究を活かして化粧品や健康食品、医薬品の製造も行っています。同社の株を購入すると、ジュースなどの自社製品と神宮球場でのヤクルト公式戦観戦に使える優待証がもらえます。同社の株主優待情報をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

SBI証券なら最短2日で口座開設!今なら総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼントキャンペーン中!株主優待をオトクにゲットする情報も満載ですよ。

>>総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼント!SBI証券の口座開設(無料)
>>個人投資家売買シェアNo.1。SBI証券の詳細解説はこちら

1 ヤクルト本社の株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 食品、飲料、自社製品、映画・テーマパーク
権利確定月(優待の回数) 3月末、9月末(年2回)
優待品の発送時期 3月末:7月下旬
9月末:3月中旬
株価 8,380円
単元株数 100株
最低投資金額 838,000円

※株価、最低投資金額は2018年9月11日終値ベース

2 株主優待の内容

同社の株を購入すると、年2回の株主優待がもらえます。3月末の株主は、飲料と乾めんの詰め合わせです。また、9月末の株主へは、神宮球場で行われるヤクルト公式戦の外野自由席と引き換えできるポイントです。一人で利用しても、同伴者と利用してもよく、野球好きの人にぴったりの優待ですね。年2回の優待でそれぞれ異なった楽しみ方ができるのがヤクルト本社の優待の魅力です。さらに、3年以上継続保有すると化粧品ももらえますよ。

【3月末:自社製品】

保有株数 内容
100株以上 飲料と乾めんの詰め合わせ

※100株以上1,000株未満と1,000株以上では商品内容が異なります。
※3年以上継続保有すると、上記に加え化粧品がもらえます。

【9月末:プロ野球公式戦「株主優待証(外野自由席)」】

保有株数内容100株~999株入場券(外野自由席)と引き換えできるポイント(年間4ポイント)1,000株以上入場券(外野自由席)と引き換えできるポイント(年間24ポイント)

※外野自由席の販売がない試合(全席指定試合)は利用不可
※1ポイントにつき、入場券(外野自由席)1枚との引き換え、1試合につき4ポイントまで利用可能

出所:ヤクルト本社の株主優待情報サイト

3 会社データ、財務指標、配当利回りもあわせてチェックしよう

ヤクルト本社は、乳酸菌の研究により人々の健康な生活を目指す企業です。プロバイオティクスの先駆けであり、乳酸菌シロタ株は同社が培養に成功したものとして知られ、近年では乳酸菌を活かした化粧品や医薬品の研究においても高い評価を受けています。企業グループは販売会社や関連会社を含めると約170社に達しています。海外進出にも積極的で、現在は営業利益の約7割が海外飲料事業から生み出されるグローバル企業です。

社名 株式会社ヤクルト本社
業種 食料品
上場する市場 東証一部
PER 37.89倍
PBR 3.82倍
1株配当(年間予想) 40円
配当利回り(年間予想) 0.48%

※PER、PBR、配当利回りは2018年9月11日終値ベース

4 ヤクルト本社の株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【ヤクルト本社の株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 ライブスター証券 340円 詳細解説を見る
2位 GMOクリック証券 436円 詳細解説を見る
3位 SBI証券 487円 詳細解説を見る
3位 楽天証券 487円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め4営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2018年9月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2018年9月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
9月20日 9月14日(金) 9月18日(火)
9月末日 9月25日(火) 9月26日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

いかがでしたか?ヤクルト本社の株主優待は、健康によさそうな自社製品をもらえるうえ、野球観戦も楽しめるなど、内容が充実しているのが嬉しいですね。気になる方はこの記事をぜひ参考にしてみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る