キリンHD(2503)の株主優待でビールや清涼飲料などをゲット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キリンホールディングスは、キリンビールや「午後の紅茶」「生茶」といった飲料事業を主に行っているキリングループの持株会社です。同社の株を購入すると、ビール、清涼飲料水の詰め合わせなどの優待品の中から好きなものを選択できます。同社の株主優待情報をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

SBI証券なら最短2日で口座開設!豊富な商品ラインナップと業界随一のマーケット情報!株主優待をオトクにゲットする情報も満載ですよ。

>>豊富な商品ラインナップと業界随一のマーケット情報!SBI証券の口座開設(無料)
>>個人投資家売買シェアNo.1。SBI証券の詳細解説はこちら

1 キリンホールディングスの株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 飲料、自社製品、割引券(食事・買い物・宿泊等)
権利確定月(優待の回数) 12月(年1回)
優待品の発送時期 4月中旬~6月下旬頃(選択した商品により異なる)
株価 2,716.5円
単元株数 100株
最低投資金額 271,650円

※株価、最低投資金額は2018年11月29日終値ベース

2 株主優待の内容

同社の株を購入すると、キリンビールや清涼飲料水の詰め合わせ、キリンシティお食事券などの中から好きなものを一つ選択してもらえます。100株の保有なら1,000円相当になります。サッカー日本代表応援グッズなどもあり、豊富な選択肢の中から希望の優待品を選ぶ楽しみがありますね。

保有株数 内容 優待利回り(年間)
100株~999株 ①~⑤のうちいずれか一つ選択(1,000円相当)
①一番搾り詰め合わせセット(合計4本)
②清涼飲料の詰め合わせ(合計7本)
③キリンシティお食事券(1,000円相当)
④サッカー日本代表応援グッズ:タオルマフラー
⑤「キリン飲酒運転根絶募金」への寄付(1,000円)
0.4%
1,000株~ ①~⑥のうちいずれか一つ選択(3,000円相当)
①一番搾り詰め合わせセット(合計12本)
②清涼飲料の詰め合わせ(合計18本)
③メルシャンワイン詰め合わせ
④キリンシティお食事券(3,000円相当)
⑤サッカー日本代表応援グッズ:タオルマフラー+Tシャツ
⑥「キリン飲酒運転根絶募金」への寄付(3,000円)
0.1%

※優待利回りは優待の年間合計を各ゾーンの最低投資金額で割って算出し、小数点以下第2位を四捨五入
※上記は2017年度の内容

出所:キリンホールディングスの株主優待情報サイト

3 会社データ、財務指標、配当利回りもあわせてチェックしよう

キリンホールディングスは、キリンビールや「午後の紅茶」でおなじみのキリングループの持株会社です。ビール類の国内シェアは第2位です。飲料系企業は自社製品を株主優待品に設定しているところが多いですが、同社はその中でも比較的少額の投資で株主優待をゲットできる銘柄です。医薬分野でも買収を通じて規模の拡大を図るなど、今後の成長性にも期待できます。

社名 キリンホールディングス株式会社
業種 食料品
上場する市場 東証一部、名証一部、札証、福証
PER 15.77倍
PBR 2.60倍
1株配当(年間予想) 48円
配当利回り(年間予想) 1.77%

※PER、PBR、配当利回りは2018年11月29日終値ベース

4 キリンホールディングスの株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【キリンホールディングスの株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 ライブスター証券 180円 詳細解説を見る
2位 GMOクリック証券 241円 詳細解説を見る
3位 SBI証券 250円 詳細解説を見る
3位 楽天証券 250円 詳細解説を見る
3位 カブドットコム証券 250円 詳細解説を見る
3位 マネックス証券 250円 詳細解説を見る
3位 SMBC日興証券 250円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め4営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2018年12月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2018年12月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
12月20日 12月17日(月) 12月18日(火)
12月末日 12月25日(火) 12月26日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

いかがでしたか?キリンホールディングスの株主優待は20万円代の投資でビールや清涼飲料やなどの自社製品がもらえる点が魅力的です。選択肢の大枠は変わらないものの、中身は毎年吟味されているので、新製品がもらえる可能性もあります。毎年届くのを楽しみにできる優待ではないでしょうか。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る