コロワイド(7616)の株主優待!年間40,000円相当のポイントがもらえる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コロワイド(7616)は、かっぱ寿司でおなじみのカッパ・クリエイト、牛角を展開するレインズなどの親会社です。店舗展開は子会社が多く担っているため、あまりなじみのない会社かもしれません。しかし同社の株式を500株購入すると、こちらの記事でご紹介するアトムと同様に、同社のグループ店舗で使える優待ポイントがもらえます。しかも、コロワイドの場合は年間でなんと4万円相当分!さっそく同社の株主優待情報をチェックしていきましょう。

①口座開設②入金③注文の3ステップ。株主優待生活を始めよう!

SBI証券なら最短2日で口座開設!今なら総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼントキャンペーン!株主優待をオトクにゲットする情報も満載ですよ。

>>総合口座開設&各種取引で最大150,000円プレゼント!SBI証券の口座開設(無料)
>>個人投資家売買シェアNo.1。SBI証券の詳細解説はこちら

1 コロワイドの株主優待をもらうには。基礎データをチェック!

優待品の種類 割引券(食事・買い物・宿泊)
権利確定月(優待の回数) 9月末・3月末(年2回)
優待品の発送時期 9月末:12月と翌年3月に発行
3月末:6月と9月に発行
株価 3,010円
単元株数 100株(ただし、株主優待権利を獲得するためには500株の保有が必要)
最低投資金額 301,000円(ただし、株主優待権利を獲得するためには1,505,000円の投資が必要)

※株価、最低投資金額は2018年8月24日終値ベース

2 株主優待の内容

同社の株を500株購入すると、グループ店舗での飲食に使えるポイントが年4回付与されます。1回のポイント発行は1万円相当なので、家族での食事だけでなく同僚との宴会などでも使いやすいでしょう。また普段外食されない方や近くに系列店がない方も、黒毛和牛ステーキやミナミマグロの詰め合わせなど日本各地の特選品と引き換えることができるため、ポイントを無駄なく活用することができます。

注意したいのは、株主優待の権利が500株以上保有する株主にのみ付与されているという点です。アトムと違い、単元株を保有するだけでは株主優待をもらうことはできません。株主優待の内容はアトムとほとんど同じなので、投資金額と付与される優待ポイントのバランスを比較して選ぶとよいでしょう。

【付与される優待ポイント】

保有株数 優待ポイント 年間合計 優待利回り(年間)
500株以上一律 10,000ポイント(×4回) 40,000円分(1万円×4回) 2.7%

※優待利回りは優待の年間合計を各ゾーンの最低投資金額で割って算出し、小数点以下第2位を四捨五入
※有効期間は、ポイント付与日より1年間です。
※(株)レインズインターナショナルの店舗など、利用できない店舗があります。

出所:コロワイドの株主優待情報ページ

3 会社データ、財務指標、配当利回りもあわせてチェックしよう

コロワイドは居酒屋事業からレストラン事業へと事業領域を広げ、積極的なM&A(合併と買収)で規模を拡大してきた東証一部上場企業です。コロワイド自身の店舗展開はそれほど多くはありませんが、グループトップとして傘下企業の食材調理・配送および管理を行っています。またバンノウ水産という海産物の仕入部門を所有しているため、回転寿司や居酒屋で重要な食材であるマグロを低価格で提供しています。

社名 株式会社コロワイド
業種 小売業
上場する市場 東証一部
PER 98.66倍
PBR 7.77倍
1株配当(年間予想) 5円
配当利回り(年間予想) 0.17%

※PER、PBR、配当利回りは2018年8月24日終値ベース

4 コロワイドの株を手数料最安値で手に入れるには?

ネット証券は対面型の証券会社に比べて売買手数料が安く、ネットを通じた情報提供が非常に充実しています。スマホを活用する世代にはむしろ最適といえるかもしれません。まずはひとつ口座を開設してみて、足りない部分があれば他の証券会社で補っていくのがおすすめです。

【コロワイドの株を手数料最安値で手に入れられるネット証券トップ3】

順位 証券会社名 手数料(1取引ごと、税抜) 強み、特徴
1位 ライブスター証券 180円 詳細解説を見る
2位 GMOクリック証券 241円 詳細解説を見る
3位 SBI証券 250円 詳細解説を見る
3位 楽天証券 250円 詳細解説を見る
3位 カブドットコム証券 250円 詳細解説を見る

5 株主優待をもらうために気を付けておきたいポイントは?

株主優待をもらうには「株主権利確定日」の株主名簿に載っていなければなりません。株主権利確定日は権利確定月の月末あるいは20日時点というケースがほとんどですが、実は、その日に株を購入しても株主優待はもらえないのです。権利確定日の名簿に記載されるためには、株主権利確定日を含め4営業日前の「権利付き最終売買日」までに株式を取得する必要があります。ただし、多くの場合、権利確定月は権利付き最終売買日に向けて株価が上昇する傾向にあります(そして権利付き最終売買日翌営業日である「権利落ち日」に下落することが多いです)。購入を検討する際には、この点もあわせてご注意ください。

なお、2018年9月の権利確定日と権利付き最終売買日、権利落ち日は次の通りです。

【2018年9月】

権利確定日 権利付き最終売買日 権利落ち日
9月20日 9月14日(金) 9月18日(火)
9月末日 9月25日(火) 9月26日(水)

参考記事:これからの権利確定日一覧(随時更新)

6 まとめ

コロワイドの株主優待は1回の発行ポイント額が大きいのが魅力的ですね。一方で注意しなければいけない点として、①牛角や土間土間などポイントが使えない店舗があること②最低投資金額がかなり高額であること、が挙げられます。

ちなみに子会社であるアトムでもコロワイドグループの店舗で使える株主優待を実施しています。ポイント数は少なくなりますが、優待をもらうのに必要な投資額は10分の1程度です。株1ではアトムの株主優待に関する記事も公開していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

オススメ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る